パスタの聖書

パスタのレシピ、文化を公開。家庭料理で唯一プロの味を超えられるのがパスタ。

生クリームとパスタの甘い関係〜アッラ・パンナとブールマニエ

生クリーム

トマトパスタ、オイルパスタなどと並ぶ人気が「クリームパスタ」。トマトソースが醤油ラーメンなら、オイルソースは塩ラーメン、そしてクリームソースが味噌ラーメンといったところ。生クリームをソースに加えることで、なめなかな食感、軟らかい口当たり、豊かな風味がプラスされる。

クリームパスタの魅惑

クリームパスタ

クリームパスタはイタリア語では「アッラ・パンナ(allla panna)」。alllaは「〜で」、pannaが「生クリーム」。よく聞くパンナ・コッタはイタリア語でpanna(パンナ)が生クリーム、cotta(コッタ)が「火を通した」という意味。みんなに愛されるクリームパスタを紹介する。

生クリームとは

生クリームとは

そもそも生クリームとは、牛乳から作られる乳製品の一種で、脂肪分が豊富なクリームのこと。牛乳から脱脂したあと、残った乳脂肪を濃縮し、乳化剤を加える。生クリームは、重量に対して30%以上の脂肪分を含むものを指し、10〜30%程度の脂肪分は「半生クリーム」と呼ばれる。

生クリームの歴史

生クリーム

生クリームの発祥はハッキリしておらず、17世紀のフランスである説が高い。いずれにせよ、パスタに使われたのも17世紀以降。トマトソースとほぼ同時期になる。

生クリームの47と42と35の違い

生クリーム

スーパーに行くと生クリームは2種類あることが多く、パッケージに「35」や「47」などの数字が書いてある。両者の違いは脂肪分の含有量。生クリーム35は、100グラム中に35グラムの脂肪分が含まれているものを指す。脂肪分が多い47の生クリームは、濃厚でコクのある味わいが特徴。一方、脂肪分が少ない生クリーム35は軽い口当たりや風味がある。要は好みの違いで、どっちでもOK。値段は47のほうが高い。

ホイップクリームとの違い

一度、生クリームとホイップクリームを間違えて買ってパスタに使ったことがある。すぐに固まってしまい失敗した。ホイップクリームは、生クリームに比べて脂肪分が低く10〜30%程度の脂肪分。前述した「半生クリーム」がホイップクリーム。生クリームは濃厚で脂肪分の高いクリーム、ホイップクリームは泡立てられて軽くなり、脂肪分が低く甘みを加えたもの。

生クリームと牛乳の違い

牛乳,パスタ

生クリームの代わりに牛乳を使うときもあるだろう。生クリームは牛乳から濃縮して作られるクリームで、30%以上の脂肪分を含む。一方の牛乳は、生乳から加熱処理や濾過処理を施したもので、脂肪分は3.6%以下。水分量が多いのでシャバシャバになる。

おすすめのクリームパスタ

おすすめのクリームパスタを紹介。ぜひ生クリームの魅力を堪能してほしい。

マシュルームのクリームパスタ

マッシュルームのクリームパスタ

ど直球のアラ・パンナ。藤川球児の火の玉ストレート。そこにキノコを加えたもの。バターとチーズも使うが、クリームパスタの魅力を知るには最高。まずはお試しあれ。

キノコのトリュフクリームパスタ

キノコのトリュフクリームパスタ

AIが考案した「世界一美味しいパスタ」。白トリュフオイルを大胆に使い、ワンランクもツーランクも上に。家庭で生まれる貴族のパスタ。

マッシュルームの炊き込みカルボナーラ

マッシュルームの炊き込みカルボナーラ

言葉は不要。ただ作るべし。あなたのカルボナーラ観が変わる。

トマトクリームパスタ

トマトクリームパスタ

生クリームの相棒、トマトとマリアージュしたクリームパスタ。トマトの酸味に生クリームの甘味、コクが加わることで旨味がかけ算される。醤油味噌ラーメンみたいな。

ゴルゴンゾーラのクリームペンネ

ゴルゴンゾーラのクリームペンネ,ペンネ、ゴルゴンゾーラ

クリームパスタで最も美味しいのは間違いなく「ゴルゴンゾーラのクリームペンネ」。パスタの中でも最も簡単に作れる種類なのに異常な美味しさ。生クリームをフライパンで熱してチーズを入れるだけなので技術いらず。ぜひ、絶対に試してほしい逸品。

カルボアラビアータ

f:id:balladlee:20230209151341j:image

最後は、カルボナーラとアラビアータをフュージョンした「カルボアラビアータ」
辛さと甘さ、陰と陽、ベジータと悟空が合わさったときの美味しさは凄いので、ぜひ作ってみてください🎶

生クリームを使わないクリームパスタ(ブールマニエ)

生クリームを使わないクリームパスタ

生クリームなしでもクリームパスタを作る方法をご存知だろうか?3つの材料だけで簡単にクリームパスタが作れてしまう。

生クリームを使わないクリームパスタ

  • バター:10g
  • 小麦粉:小さじ2(10g)
  • 牛乳:200ml

バター、小麦粉(薄力粉)を同じ分量だけ混ぜる。フランス料理で「ブールマニエ」という。知っておけば超簡単なのに超オシャレ。フランス語で「ブール」はバター、「マニエ」は練る。これを牛乳を混ぜて加熱するだけでクリームパスタが作れる。

ブールマニエのパスタの材料

  • ディチェコ1.6mm:100g
  • バター:10g
  • 小麦粉:小さじ2(10g)
  • 牛乳:200ml
  • コンソメ:小さじ2
  • 水:300ml
  • 黒胡椒:たっぷり(仕上げ)
  • ナツメグ:3振り(あればでOK)

ワンパンパスタなので麺は細麺がおすすめ。太麺だと時間がかかり、少し麺がボロボロになる。ナツメグはあれば上品な味に仕上がるのでおすすめ。なくてもコショウ多めでカバーできる。ヌートバーがカバーした侍ジャパンと同じ。

ブールマニエのパスタの作り方

  1. バターを電子レンジで20秒チン
  2. 同僚の小麦と混ぜて練り込む
  3. フライパンで水とコンソメを沸かす
  4. パスタを表示時間より1分少なく茹でる
  5. 水分が飛んだら牛乳を入れて沸かす
  6. ブールマニエを入れて煮る
  7. ナツメグを3振りする(あれば)
  8. 皿に盛って胡椒をヌートバー

レシピはリュウジさんを参考。虚無シリーズ。このレシピをベースにチーズを削り入れたり、ベーコンを焼いたりと具材をプラスしても美味しい。

生クリームを使わないクリームパスタ

バターを600w20秒ほどレンチンし、小麦粉と混ぜ混ぜ。

生クリームを使わないクリームパスタ

こんな感じで固形の手前の液状になればOK。このまま放置しておく。

生クリームを使わないクリームパスタ

フライパンに水300mlを入れてコンソメを小さじ2入れて沸かす。

生クリームを使わないクリームパスタ

強火で一気にパスタを茹でる。ワンパンパスタのことをイタリア語ではリゾッタータと呼ぶ。

生クリームを使わないクリームパスタ

水分が飛び切ったらOK。少々、汁が残っても大丈夫。

生クリームを使わないクリームパスタ

牛乳200mlを入れて沸騰させて茹でる。

生クリームを使わないクリームパスタ

沸騰したら先ほど作ったブールマニエを全部入れる。

生クリームを使わないクリームパスタ

続けてナツメグを3振り。もっと振っても美味しい。

生クリームを使わないクリームパスタ

即席クリームが少なくなったら鍋を振りまくって混ぜる。マンテカトゥーラ。

生クリームを使わないクリームパスタ

お皿に盛ったら胡椒をたっぷりプリンセスプリンセスくらい挽く。そんなに!?と引くくらい挽く。それが胡椒の掟。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カルピス(株)特撰バター 有塩 450g 加塩_
価格:1598円(税込、送料別) (2023/1/21時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマートスパイスナツメッグ  8.3g
価格:100円(税込、送料別) (2023/11/8時点)

このブログでは、その他にもクリームパスタを作り続けています。ぜひ、下のブログも読んでみてください。

クリームパスタ カテゴリーの記事一覧 - パスタの聖書

↓小倉知巳シェフおすすめの生クリーム↓

最後までご覧いただき、あリガトーニ