パスタの聖書

パスタのレシピ、文化を公開。家庭料理で唯一プロの味を超えられるのがパスタ。

プッタネスカ〜娼婦に捧ぐ愛のパスタ

プッタネスカ,フジッリ

好きなパスタを訊かれたら『プッタネスカ』を5本の指から外さない。日本人には馴染みがないので、この機会にぜひ作ってほしい。『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するらしいが、週刊少年ジャンプで唯一読んでなかった漫画がジョジョである。だから初めて知ったのは小林幸司シェフのYouTube。合コンで「好きなパスタ?プッタネスカ」といえばモテるだろう。「得意料理?プッタネスカだよ」といえばモテるだろう。誰か検証してモテパスタの栄冠を与えてほしい。

プッタネスカの意味

プッタネスカ(Puttanesca)とは「娼婦風のパスタ」の意味。イタリア語の「puttana」が売春婦の俗語であり「Puttanesca」で娼婦風になる。小林幸司シェフいわく、古語では「得体の知れない」という意味もあったらしい。

プッタネスカ,フジッリ

娼婦風のパスタの由来は「娼婦が客に出したから」「娼婦が休憩の合間にチャチャっと作って食べたから」が有力。他にも「娼婦が体力をつけるために作った」「娼婦のような刺激があるパスタ」の説がある。少数派では「切ったオリーブの断面が女性器の形と同じだから」の説もある。娼婦が新しいパスタレシピを考案するのもピンとこないし、イタリア人の性格を考えると、個人的には最後がしっくりくる。いずれにせよプッタネスカは文化的な意味も素晴らしく、食材も他のパスタと一線を画している。

プッタネスカの食材

プッタネスカの材料、食材

プッタネスカに欠かせない食材としては、オリーブ、ケーパー、トマトソースの3つ。アンチョビやオレガノがないとプッタネスカと呼ばない頑固者もいる。いずれにせよ、食材は天然のものではなく、イタリアの家庭にある加工品を使ったパスタである。

プッタネスカの発祥

ナポリ湾に浮かぶイスキア島

ナポリ湾に浮かぶイスキア島

発祥はナポリ湾の西部に浮かぶ火山島「イスキア島」。火山島で生まれたというのがプッタネスカらしい。生年月日はハッキリしないが、1950年代以降。当初、ナポリでは「マリナーラ」と呼ばれたそうだ。

マリナーラとの違い

マリナーラ,パスタ

マリナーラは「船乗り」の意味であり、トマト、ニンニク、そしてオレガノが入ったソース。プッタネスカがオリーブやケーパーを使うのに対し、マリナーラはオレガノを使うことが特徴。娼婦が作った魔性のあるパスタに対し、かなり男性的。

アラビアータとの違い

アラビアータ,ペンネ

アラビアータは「怒りん坊」の意味で、唐辛子(ペペロンチーノ)が主役。オリーブもケーパーもアンチョビも使わない。

ナポリ生まれの「パッケリ」

ショートパスタ「パッケリ」

プッタネスカフジッリが一番美味しいが、気分重視の気分上々↑↑ならパッケリ(paccheri)を使うのがおすすめ。プッタネスカが生まれたカンパニア州のショートパスタ。筒状になっており、「リガトーニに似てるね」というセリフが出てきたら立派なパスタ通。パッケリの名前はナポリ語で「平手打ち」を意味する「パッカリア」から由来。せっかくナポリ生まれのプッタネスカを作るならパッケリで食べてみよう。メーカーはヴォイエロがおすすめ。ナポリのパスタメーカーなので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヴォイエッロ パッケリ リッシ 500g 包装不可
価格:679円(税込、送料別) (2023/12/11時点)

プッタネスカフジッリ

プッタネスカ,フジッリ

早よレシピ紹介せんかいとツッコンだ方、お待たせ。伝統的なプッタネスカは次で紹介するので、まずは最高に美味しいプッタネスカから作ってみよう。

プッタネスカの材料・食材

プッタネスカ,材料,食材

重要なのは、食材を1つでも欠かさないこと。その代わり安いものでOK。オリーブは種無しで。ミニトマトやトマト缶からソースを作るのが常人だが、絶対に試してほしいのがコッポラ社のプッタネスカソース。すでにオリーブやケーパーで味付けしてあり、プッタネスカソースが完成している。そこに味のバイキルトでケーパーやオリーブなど本来の食材を合わせ、他のパスタとはまったく違う旨味が完成する。コッポラ社のソースを使わなければ好きなパスタ・ランキングには入らなかった。冴羽獠にコルトパイソン357マグナムがないと物語が始まらないように、プッタネスカにはコッポラ社のトマトソース。

奇跡の相性・フジッリ

フジッリ

パスタの聖書の完全オリジナルが、フジッリで作るプッタネスカ。これは声高に自慢できることで、フジッリプッタネスカをマリアージュさせたことが最大の誇り。ユリイカ、我発見せり。プッタネスカフジッリでつくる人は少ないが、絶対にフジッリ。ロングパスタも悪くないが、フジッリには遠く及ばない。

サラダだけじゃない!【フジッリ】のアレンジレシピ15選 | クラシル

フジッリはサラダに使われることが多いが、プッタネスカのために生まれてきたパスタと断言できる。なにせ、ナポリがあるカンパニア州を発祥とするショートパスタ。ライフル銃を意味するfusileが語源なのも娼婦風・得体の知れないものと親和する。日本では「くるくるパスタ」や「カールマカロニ」とも呼ばれる。いろんなメーカーがあるが、何種類も試した結果、ディチェコの優勝。値段も安く、スーパーでも手に入りやすい。サラダ記念日は俵万智に任せて、我々はフジッリをパスタに活かそう。

プッタネスカの作り方・レシピ

  1. ニンニクをみじん切りにする
  2. ニンニク、唐辛子、アンチョビ、オリーブ、ケーパーをフライパンに入れる
  3. オリーブオイルで炒めてニンニクが色づいたらトマトソースを入れる
  4. 茹でたパスタを混ぜて完成

小林シェフに近いレシピはないが、とりあえず困ったら小倉シェフ。作り方はシンプル。材料をぶち込んで炒めるだけ。小林シェフのポイントはトマトソースを煮詰めすぎないこと。トマトの味が整いすぎてプッタネスカの得体の知れなさが無くなってしまう。プッタネスカは荒々しさが魅力。ササッと手際よく。イタリアの娼婦に会うことがあれば、フジッリプッタネスカを食べてもらいたい。もし、美味しいプッタネスカのお店を知っている方がいれば、コメントで教えてください🎶

↓↓プッタネスカの食材↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SO ケーパー(60g*2コセット)【S=O(サンヨーオリジナル)】
価格:609円(税込、送料別) (2023/1/24時点)

楽天で購入

スパゲティ・プッタネスカ(伝統)

スパゲティ・プッタネスカ(伝統)

ここで紹介するのが、イタリアで作られている伝統的なプッタネスカ

スパゲティ・プッタネスカ(伝統)の材料

イタリア人マルコさんのレシピ。なぜかプッタネスカに欠かせないアンチョビが入っていない。レシピ通りに作ってみたけど、アンチョビもあったほうが美味しい。ぜひ足してほしい。パスタは細麺でも太麺でもOK。マルコさんのおすすめはリングイネ。トマト缶はカットでもホールでもOK。重要なのが乾燥オレガノプッタネスカの必需品ではないが、イタリアではオレガノを使うほうがメジャーらしい。「オレガノがないプッタネスカプッタネスカじゃない」というイタリア人も多い。リングイネで作る場合は奇跡のパスタ・セタロがおすすめ。

スパゲティ・プッタネスカ(伝統)のレシピ

  1. ニンニクはスライス
  2. グリーンオリーブは半分にきる
  3. ニンニクを炒める
  4. グリーンオリーブ、ケーパーを入れる
  5. パスタを茹ではじめる
  6. 唐辛子、トマト缶を入れる
  7. トマトソースをよく煮込む
  8. 茹でたパスタを入れオレガノを振る
  9. 皿に盛って追いオレガノで完成

ニンニクはスライし、グリーンオリーブは半分に切る。

フライパンにオリーブオイルを引いてニンニクを炒める。沸騰するまで強火。油がシュワシュワとシュワルツネッガーになってきたら弱火にする。強火はあとでI'll be back。

ニンニクがボディビルダー色になりかけたらグリーンオリーブとケーパーを投入。この辺からパスタを茹ではじめる。

オリーブをしっかり炒めたらカラブリア産の唐辛子、トマト缶を入れる。

強火で熱して水分をターミネーターする。

茹でたパスタをプッタネスカソースに投入。火を止めてオレガノを振りかける。香り物は最後に入れる、そして火を止めること。熱が入ると、せっかくの風味がプレデターされる。ターミネーター2の最後の溶鉱炉くらい熱くしたいので、パスタは手際よく混ぜる。

スパゲティ・プッタネスカ(伝統)

お皿に盛ったら追いオレガノで完成。あまりの美味しさにサムズアップしながら沈みそうになる。

↓スパゲティ・プッタネスカ(伝統)の食材↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SO ケーパー(60g*2コセット)【S=O(サンヨーオリジナル)】
価格:609円(税込、送料別) (2023/1/24時点)

楽天で購入

スパゲティ・プッタネスカ(トマトペースト)

スパゲティ・プッタネスカ(トマトペースト)

トマトペーストを使ったプッタネスカイタリアンパセリも加えて爽やかな娼婦風にする。

スパゲティ・プッタネスカの材料

パスタは細麺のスパゲッティーニを使ったが、太麺でもOK。

スパゲティ・プッタネスカのレシピ

  1. ニンニク、オリーブを潰し、イタパセ刻む
  2. ニンニク、イタパセの茎、唐辛子を炒める
  3. オリーブ、ケーパーを炒める
  4. アンチョビを炒める
  5. パスタを茹ではじめる
  6. トマトペーストを炒める
  7. 茹で汁を加えて煮込む
  8. イタパセの葉を加える
  9. 茹でたパスタを混ぜる

ニンニク、オリーブを潰す。そのほうがソースが染みやすくなる。イタリアンパセリは細かく刻む。茎は捨てない。ここに旨みがある。

フライパンにオリーブオイルを引いてニンニク、イタリアンパセリの茎、唐辛子を炒める。オイルが沸騰するまでは強火、プクプクいってきたら弱火にし、じっくり香りを移す。

続けてオリーブ、ケーパーを入れる。よく炒める。

しっかり炒めたらアンチョビを入れる。ここからパスタを茹ではじめる。

しっかり具材を炒めたらトマトペースト投入。軽く炒めることで旨味を引き出す。

トマトペーストを炒めたら茹で汁50ccを入れて美味しいトマトソースを作る。パスタが茹で上がる前にイタリアンパセリの葉も入れる。

パスタが茹で上がったらダイブしてよく混ぜる。

プッタネスカ

皿に盛って完成。オリーブオイルも何もかけない。

↓スパゲティ・プッタネスカ(伝統)の食材↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SO ケーパー(60g*2コセット)【S=O(サンヨーオリジナル)】
価格:609円(税込、送料別) (2023/1/24時点)

楽天で購入

パスタは道具にこだわるほど美味しくなる、楽しくなる、おしくなる

最後までご覧いただき、あリガトーニ